観光情報

Tourist information

石崎漁港トンネル(国指定登録文化財)

石崎漁港トンネル(国指定登録文化財)

比石館跡下に位置し、昭和9年に北海道庁中村廉次漁湾課長の設計で建設されました。長さ45m、幅9mの半円形の断面コンクリート造りのトンネルで、当時は世界的にも珍しいものでした。

当時、夜間に入港する船舶へトンネルの位置を知らせるために、外側の鉄塔には風が吹くと鐘が鳴る1.4mの風車が取り付けられ、トンネル(隧道)と共に特徴の一つであった。

昭和42年頃より漁船の大型化が進み、トンネル北側に水路が設けられたため、昭和58年に閉鎖されましたが、漁業に携わる産業遺産としてその貴重性が評価され平成15年に国の登録文化財の指定を受けました。さらに、平成18年には「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財百選」に認定もされました。

所在地 〒049-0612 北海道檜山郡上ノ国町字石崎 
Googleマップで表示
連絡先 上ノ国町教育委員会(TEL:0139-55-2230)
入場料 無料
交通アクセス 道の駅上ノ国もんじゅから松前方面(国道228号線)へ車で約20分。石崎漁港近く。
その他 付近には、比石館跡があります。
その他の写真