観光情報

Tourist information

円空作十一面観音立像 石崎八幡宮

円空作十一面観音立像 石崎八幡宮

江戸時代の行脚僧で、全国各地に木彫りの仏像を残したことで知られており寛文6年頃、北海道に渡った円空は、松前・蝦夷地の巡り布教活動を行ったといわれています。

円空仏は、野性味に溢れながらも慈悲に満ちた笑みをたたえており、人々の心を和ませ信仰に導いたといいます。

現在、上ノ国町には6体の円空仏があり、上ノ国観音堂(2体)・北村地蔵庵・石崎八幡神社光明寺・旧笹浪家住宅に大切に祀られています。

拝観できるのは、旧笹浪家住宅・上ノ国観音堂・光明寺(要連絡)です。

所在地 〒049-0612 北海道檜山郡上ノ国町字石崎
Googleマップで表示
連絡先 上ノ国町教育委員会(TEL:0139-55-2230)
入場料 無料(円空仏は拝観不可)
駐車場 有(無料)
交通アクセス 道の駅上ノ国もんじゅから松前方面(国道228号線)へ。
石崎市街地に入ってすぐの交差点を左へ。
その他 円空作仏像観音座像(町指定有形文化財)